摂食嚥下の5期モデル

摂食嚥下の5期モデルとは?

  • 摂食・嚥下とは食物を認識してから口に運び、食道へ運ぶまでの一連の流れのことですが、分かりやすく理解するために先行期・口腔準備期・口腔期・咽頭期・食道期の5期に分けて説明することがあります。
  • 先行期:食べ物を認識して口へ運ぶ
  • 口腔準備期:食べ物を口に取り込んで咀嚼する
  • 口腔期:食べ物を口から咽頭(のど)まで送る
  • 咽頭期:食べ物が咽頭(のど)から食道へ送る=嚥下
  • 食道期:食べ物が食道から胃に運ばれる

プロセスモデルとは?

  • 今まで摂食嚥下の流れは嚥下5期で表されることが多かったのですが、最近は嚥下5期のうち、口腔準備期と口腔期を単純な連続ではなく、口腔から咽頭へのながれを段階的にオーバーラップするようモデル(プロセスモデル)を用いて説明することが増えてきました。
  • プロセスモデルとは食物の捕食後に、まずstageⅠtranspot(食物を臼歯部まで運ぶ)があり、その後STⅡ:stageⅡtransport(咀嚼した食物を順次咽頭へ送る)が続きます。
引用:プロセスモデルで考える咀嚼嚥下リハビリテーション
  • StageⅠtransport:食物捕食後の舌によって食物を臼歯部まで運ぶ運動(プルバック運動:pull back運動)
StageⅠtransport     引用:プロセスモデルで考える咀嚼嚥下リハビリテーション
  • STⅡ=stageⅡtransport:咀嚼された食物は唾液に混ぜられ、舌の中央部に集められ、舌と口蓋によって後方へと絞り込まれるように咽頭へ送られる。
StageⅡtransport     引用:プロセスモデルで考える咀嚼嚥下リハビリテーション
  • Processing:捕食した食物を咀嚼して粉砕し、唾液と混ぜ湿潤させ、嚥下しやすい食塊とするプロセス。

参考文献

プロセスモデルで考える咀嚼嚥下リハビリテーション

松尾 浩一郎
タイトルとURLをコピーしました