Google製の自助具スプーン「Liftware」

Google製の自助具スプーン「Liftware」

まずはこちらの動画をご覧頂きたい↓

引用元:Digital Trends

普通のスプーンでは食事が困難な方が、「Liftware」のスプーンを使用することで見事に食事ができていますね。

非常に興味深かったので、「Liftware」のスプーンについて調べてみました。

「Liftware Steady」と「Liftware Level」

先ほど紹介したGoogle製Liftwareのスプーンは用途に合わせて2種類あります。

持ち手が短いタイプLiftware Steadyで、主に手指の振戦のある方(パーキンソン病本態性振戦の方)に適しています。

Liftware Steady 引用元:LIFTWARE by verily
Using Liftware: Joe
引用元:Youtubeチャンネル Liftware

公式サイトによるとLiftware Steadyに内蔵された自動振戦安定機能が、手指の震えを70%を軽減するようです。(臨床試験データ(英語)こちら)

また、震えの幅が4.5㎝未満の方に最も効果を発揮し、握力が弱い方や認知機能が低下した方は使用できない場合があるので注意が必要です。

専用のアタッチメントでスプーンやフォークの種類が選べます。

引用元:LIFTWARE by verily

本体価格は定価195ドルで、ご購入は公式サイトからどうぞ

英語が苦手な方はアマゾンからも購入できます↓

持ち手の長いタイプが「Liftware Level」で、主に上肢や手指手関節関節可動域制限のある方(脳性麻痺脊髄損傷ハンチントン病脳卒中後遺症など)に適しています。

Liftware Level 引用元:LIFTWARE by verily
Introducing Liftware Level
引用元:Youtubeチャンネル Liftware

公式サイトによると、スプーンの持ち手に内蔵されたコンピューターによって、スプーンの先端が常に水平に保たれるよう設計されています。

こちらも専用のアタッチメントで追加のスープ用スプーンとフォークべます。

引用元:LIFTWARE by verily

本体価格は定価195ドルで、ご購入は公式サイトからどうぞ

タイトルとURLをコピーしました