口腔ケアによる誤嚥性肺炎予防とは?

口腔ケアによる誤嚥性肺炎予防とは?

口腔ケアを行うことによって口腔内細菌が減少し、誤嚥性肺炎の予防につながることが分かっています(参照:口腔ケアの肺炎予防に関するエビデンス

自身で行う毎食後のブラッシングや含嗽、1日1回の義歯のクリーニング、1週間に1回の歯科医師や歯科衛生士などの専門家による口腔ケアによって誤嚥性肺炎予防の効果が期待できます。

最近の歯科医院では虫歯がなくても、口腔ケアのみでも対応してくれる施設が増えています。虫歯や歯周病予防の為にも口腔ケアは重要であり、口腔ケアは一石二鳥といえるでしょう。

自分で歯磨きのできない高齢者の場合は、介護者が口腔ケア用のスポンジ口腔ケア専用のジェルなどを使用するとよいかもしれません。

口腔ケアに関する記事まとめ

トップページへ戻る

タイトルとURLをコピーしました